*

片思いが成熟する京都の神社を紹介!諦めたくないなら!

公開日: : 最終更新日:2017/12/09 京都旅行

片想いをどうしても成就させたいと思うのは、自然なことです。

 

叶わないものをすぐ諦めてしまうことができれば楽ですが、人間はそう単純ではありません。

 

このような状況を脱して、自分を活かし、まぶしく輝かせるために頼れる手段として寺社での祈願を挙げることができます。

 

そこで今回は、片想いが両想いになる京都の神社や寺社をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

片思いが成熟する京都の神社を紹介!諦めたくないなら!

祈願する女性の画像

恋愛は自分の力ではどうにもならないもどかしさが付きまとうものです。

 

「好きなのにいつまで経っても友達のままで悩んでいる」という方も多いでしょう。+

 

興味深いことではありますが、このように悩みを抱えたまま相手に接していると、そのぎこちなさが相手にも伝わるものです。

 

大切なことは、「うまくいかない」という感情を解いてゆくことです。

 

そのための手段として、期待できるのが両想い成就の祈願です。

 

多くの方は寺社に参拝し、神様に祈ることで両想いを成就させようとしますよね。

 

実は恋愛成就の祈願というのは、とても理に適った行為です。

 

この理由を、今ここでお伝えしてしまいたいところですが、ひとまず、最後にご紹介する鈴虫寺の項目まで取っておくことにしますね。

 

今回は、片思い成就に効く京都の神社や寺社をご紹介するとともに、なぜ神様に祈願するのかという理由についても考えてみましょう。

スポンサーリンク

<泉涌寺>

泉涌寺の画像

出典元:http://ur0.pw/Ej9T

泉涌寺は皇室との関わりの深い「御寺」であり、平安時代に創設されたとされます。

 

実はこのお寺は、縁結びを司っており、片想い中の相手との縁も結んでくれることで知られています。

 

泉涌寺の中でも特に、両想いを祈願するために立ち寄っておきたい場所は「楊貴妃観音堂」です。

楊貴妃観音堂の画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2136482024451839401/2136482142252151103

「楊貴妃」といえば歴史上、絶世の美女として知られる中国・玄宗皇帝の后を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

この「楊貴妃観音堂」には、観音のお姿になった楊貴妃像が安置されており、優しく柔和な表情を浮かべておられます。

 

この仏像は1255年に泉涌寺の僧・湛海が宗朝時代の中国から持ち帰ったものと言われています。

 

そして、この「楊貴妃観音像」が両想いを成就させる鍵を握っているのです。

 

美を司る観音様に祈りを捧げることで、外見も心も美しく変わり、その結果として想い人を惹きつけることができるのです。

 

楊貴妃観音にお願いごとの祈りを捧げたら、楊貴妃観音にちなんだお守りをいただくと、より一層効果を得られるでしょう。

楊貴妃観音堂のお守りの画像

出典元:https://www.mylohas.net/2009/12/023071magazine_971.html

このお守りの種類は全部で4つあり、財布・ポーチにすっきりと入れることのできるコンパクトなお守りもあるので、常に肌身離さず身に付けることができます。

 

神様にお守りしていただいていることを感じられたら、前を向くことができるでしょう。

スポンサーリンク

<地主神社>

地主神社の画像

出典元:http://kyoto.gp1st.com/370/ent225.html

地主神社は、恋愛・結婚について困ったり悩んだりした時に、真っ先に頼ることのできる神社です。

 

参拝するだけで大きな効果の得られる神社として知られていますが、片思いをどうにかして実らせたい方には、地主神社とっておきの「縁結び特別祈願」を受けてみましょう。

地主神社 縁結び祈願の画像

出典元:http://www.jishujinja.or.jp/sp/kigan/

「縁結び特別祈願」では、地主神社の神官の方に祈願を行なっていただくことができます。

 

ご自身が京都にある地主神社の社殿に出向き、直接祈願していただくこともできますが、遠方に住んでおり、地主神社に行けない方も現金書留の郵送で祈願を頼むことが可能です。

 

この特別祈願のおかげで、「好きだった方とお付き合いすることになった」という口コミや、「地主神社に参拝したことで、一度告白したものの、振られてしまった相手と付き合うことになった」という声がたくさん寄せられています。

 

長年片思いしているのであれば、地主神社の神様に頼ってみると想いも実を結ぶかもしれません。

スポンサーリンク

<貴船神社>

貴船神社の画像

出典元:http://ur0.pw/Eja0

片想いをはじめとして、恋愛全般について万能な神社といえば貴船神社です。

 

特に、片想いの方が両想いを祈願するのに最適な場所は、この神社であると言われています。

 

そもそも貴船神社が片思い成就にご利益があるのは、苦しい思いをした女神がその不幸を越え、多くの人の恋の願いを叶えようという意志を持ってこの地に留まったためです。

 

貴船神社で片思い成就の祈願を行うのであれば、「結社(ゆいのやしろ)」は素通りしてならない場所です。

貴船神社の結社の画像

出典元:http://hobikurou.blog.jp/archives/35709239.html

「結社」には、「磐長姫命(いわながひめのみこと)」と呼ばれる女神が祀られており、縁結びを司っています。

 

この女神が祀られている「結社」でお祈りを済ませたら、すすきの絵が描かれた「結び文」(200円)を手に入れましょう。

貴船神社の結社の結び文の画像

出典元:http://ur0.pw/Eja3

「結び文」とは、自分の想いをしたためるための手紙のようなものです。

 

紙の裏側にお願いごとと名前を書いて、細く折り、結びつけます。

 

貴船神社は片想いをはじめとした恋愛祈願のみならず、あらゆる縁を結ぶ力を秘めているので、家族や友達との関係を願いたい、あるいは良い仕事先が見つかるようにお祈りしたいと望む方は、結び文にその胸の内を綴りましょう。

スポンサーリンク

<鈴虫寺>

鈴虫寺の画像

出典元:http://hfoeg.jp/archives/8311

片思いの悩みを抱えているのであれば、「参拝者の80%がお願いごとを叶える」という噂で有名な京都・嵐山にある鈴虫寺にも足を運んでみましょう。

 

「鈴虫寺」の正式名称は「妙徳山華厳寺」ですが、春夏秋冬を通し、このお寺では鈴虫の音を聞くことができるため、「鈴虫寺」という風流な名前が付けられました。

 

このお寺には「幸福地蔵さん」と呼ばれるお地蔵様が安置されており、両想いのお願いごとはこのお地蔵様に向かって行います。

鈴虫寺 幸福地蔵さんの画像

出典元:http://trend-trend.com/archives/976.html

日本でただ一体、わらじを履いているお地蔵さんなのですが、それはお地蔵さまがお願いごとをした人のもとを訪れ、願いを叶えるためなのです。

 

このお地蔵様に祈った方の約8割が見事に願いを実現しているとの噂が立つほどなので、「付き合ってもすぐ振られてしまうような恋愛ばかりを繰返している」、「人を好きになっても片思いばかりで報われない」という悩みを抱えているのであれば、鈴虫寺のお地蔵様に会いに行きましょう。

 

ただ、お願いごとをする際には「決まり事」があります。

神社で参拝する女性の画像

それは以下のようになります。

 

・願い事はたった一つだけ。

 

・お地蔵様に理解していただけるよう、お願いごとは具体的に。

 

・自分の名前と住所についてもお伝えする。(お願いごとを叶える際には、お地蔵さまが自分の元までわらじを履いて訪ねてくれます)

 

・お地蔵様の姿をかたどった「幸福お守り」を購入し、肌身離さず持ち歩く。

 

・完全な神頼みではなく、常に自分自身を向上させる

 

・お願い事が叶ったら、一年以内に鈴虫寺を訪ねてお礼の旨を伝える

 

・古いお守りを返したら、新しいものを購入する

 

この7つの決まりごとをしっかりと守ることを前提に、幸福地蔵さんにお祈りを捧げましょう。

 

この7つの決まりごとの中でも特に大切なのが、「完全な神頼みでなく、常に自分自身を向上させる」という点です。

 

お地蔵さんは、ただの神頼みだけ行う人の願いは叶えてくれません。

 

つまり、自分の願いを形にしようと前に進んでいる人の願いを聞き入れるということなのです。

 

お願いごとを祈りに来た人が、一心に願いを叶えるために、日々研鑚を積んでいるか確認することを目的として、お地蔵さんはお願いごとをした人の元に訪れるのです。

 

人は自分だけでは地道な積み重ねを継続し、渇望している夢を手に入れることはできません。

 

何らかの信念や、誰かが応援してくれているという確信を持たない限り、前に進み続けることは難しいものです。

 

そこで、寺社を訪れ神様にお祈りすることを通して「誰かに夢を応援してもらえている」という感覚を持つようになり、自分自身の力を発揮する術を身に付けることができるのです。

 

安心して前に進んで行けるようにお祈りする。このような意識を持って神様に祈願しましょう。

 

ちなみに、鈴虫寺で購入することのできる「幸福お守り」は、黄色いお札のお守りです。

至ってシンブルなお守りですが、このお守りにはお地蔵さんの姿が入っており、幸福地蔵さんの化身となっています。

 

さらに、片思い成就の想いを叶えたいと強く願っているのであれば、鈴虫寺のお坊さんの説法を聞くようにしましょう。

 

このお寺のお坊さんの説法は非常に面白いと評判であり、堅苦しくなく、気軽に聞くことができます。

 

お茶とお菓子も用意されているので、休憩を兼ねて軽快な説法を楽しむこともできますよ。

 

説法を聞くことで、自分の身の周りのことを見返すことができ、心が変わります。

 

心も変わることで、行動も変わってゆくので、一層高みへと進んでゆくことができるのでしょう。

スポンサーリンク

【まとめ】

片想いは諦めてしまえば気持ちも楽になりますが、そう簡単には気持ちを切り替えられないことに悩む方も多いでしょう。

 

そのような時にこそ、片思い成就の祈願は効果を発揮します。

 

祈願を行うことで、好きな人に触り向いてもらえない悲しさや無念さを一旦取り除き、「誰かが応援してくれているから、落ち着いて前進しよう」と思えるようになります。

 

このような気持ちが行動となり、自分自身の魅力の一部となるので、片思いしている相手にも素敵な女性として目に映るようになるのです。

 

このように、自分に起る心の変化が恋愛祈願の醍醐味なのかもしれませんね。

 

最後に、今回の記事が面白いと思った方は是非SNSでシェアしてみてください。

 

また、面白かった点ご感想などがありましたら、お気軽にコメントしてくださいね。

 

皆さまのコメントがより良い記事作りのヒントになります。

 

関連記事:恋愛の縁結び祈願は京都の神社へ!出会いのご利益は? 

 

関連記事:京都の恋愛に効く人気でかわいいお守り!ご利益は? 

 

関連記事:京都で恋愛成就の祈願にぴったりの神社7選! 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

京都旅行のお土産!家族や彼氏、上司に贈るおすすめのプレゼントは?

京都には素敵なお土産がたくさんあります。   お土産は見るだけで楽しいものですが、実際

記事を読む

11月の京都旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

11月の京都は、気温と服装に注意が必要です。   この季節は、秋と冬の中間。 &nb

記事を読む

12月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

12月の京都は冷え込みが激しく、寒暖の差が開きます。   この時期に京都を旅行するなら

記事を読む

カメラ女子の旅ならここ! 京都のおすすめ写真スポットは?

写真が趣味の女の子に訪ねてほしい、京都のおすすめスポットを紹介しましょう!   京都に

記事を読む

京都のおすすめハロウィンイベント・スポット!女子旅に魔法を!

今までとは違う新鮮な京都旅行を楽しみたい。   そんな人に知って欲しいのが、京都のハロ

記事を読む

京都で女子一人で入れるランチ・ディナーの和食店と和食以外のお店は?

一人旅のお楽しみの一つとしてはグルメを挙げることができます。   どこに行くか、自分で

記事を読む

紅葉狩りの起源や由来は?友達や彼氏との会話ネタに!

紅葉の季節になると紅葉狩りに出かける人も多いですよね。   でも、どんな物事にもはじま

記事を読む

12月の京都旅行!おすすめの観光スポットは何処?

12月の京都こそ、観光の本質を楽しめる。   紅葉シーズンを終え、落ち着いた京都では多

記事を読む

恋愛の縁結び祈願は京都の神社へ!出会いのご利益は?

恋愛祈願には、片思い・復縁・縁結びなど様々な目的があります。   各々の願い事を実現す

記事を読む

京都女子旅の食事!おすすめグルメランチ・ディナー5店!

京都女子旅の醍醐味は、思う存分美味しい食事を楽しめることです。   グルメな方にはたま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

2月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

2月の北海道は1年の中で最も寒さの厳しい季節。   この

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑