*

京都で幕末観光をするなら?歴史好きにはたまらない名所を紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 京都旅行

歴史好きにとって、京都旅行の最大の楽しみの一つは歴史観光です。

 

それに、歴史好きでなくとも日本人であるからには幕末との縁が深い地に訪れておきたいもの。

 

時代の転換点となる幕末は過ぎ去りし日々ではあるものの、今でも私たちに新鮮な驚きを与えるものです。

 

今回はこの斬新な時代、幕末を代表する歴史観光地の名所をご紹介します。

スポンサーリンク

京都で幕末観光をするなら?歴史好きにはたまらない名所を紹介!

大政奉還の画像

歴史好きな方であれば、京都は何度訪れてもすべてを目にすることができないほど、歴史の残骸が散らばっていることをご存じでしょう。

 

幾数年もの歴史の層が積み重ねられてきた京の地は、あらゆる時代の文化・歴史が堆積して形作られた場所です。

 

その中でも、幕末は日本の現代人にとって比較的新しい記憶の中にあり、生々しさを肌で感じることのできる時代です。

 

そして京都には、日本人であれば是非とも訪れておきたい幕末歴史スポットが無数に存在するのです。

 

今回は幕末の歴史スポットに焦点を当て、歴史の旅へと出発しましょう。

スポンサーリンク

<壬生屯所旧跡>

壬生屯所旧跡の画像

出典元:http://urx3.nu/EpTx

不安定な時代であった幕末は、非常に興味深い出来事が絶え間なく続きました。

 

そして、その中でも特に面白いのは「新撰組」です。

 

大河ドラマでも扱われ、大きな反響を呼んだ新撰組は、最後まで江戸幕府側につき、反幕府勢力を取り締まった武装組織としてその名を知られていますよね。

 

この新撰組の発祥地、実は京都に現存しています。

 

京都市内に位置する壬生寺近くには「壬生屯所跡・壬生郷土八木邸」があり、幕末にはこの地が新撰組・近藤勇と土方歳三らの宿所となっていたのです。

壬生屯所跡・壬生郷士八木邸の画像

出典元:http://www.tsu-itc.org/test001/dentou/A2_1.htm

八木家とは、京都・壬生村の壬生郷土の長老を務めていた家。

 

そして、この八木家の宿所となっていた壬生屯所旧跡の奥座敷では、新撰組三大内部抗争の一つであった芹沢鴨の暗殺事件の壮絶な舞台となった場所が現存します。

 

さらに、壬生屯所の境内には「壬生塚」があり、新撰組構成員の墓や局長であった近藤勇の胸像が設置されています。

壬生塚の画像

出典元:http://www.tsu-itc.org/test001/dentou/A2_1.htm

こぼれ話ではございますが、現在八木家は「京都鶴屋」を営んでおり、八木家にちなんだ名物「屯所餅」をはじめとした美味しい和菓子が販売されています。

 

このお店では、水質に大変恵まれた、壬生の湧水を使用している美味しい和菓子が特徴的。

 

特に「屯所餅」はテレビ番組でも紹介されており、京野菜である「壬生菜」を含んだお餅です。

屯所餅の画像

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/green_green_621/50954604.html

私も壬生を訪れた時に、このお餅をいただいたのですが、その味は今も忘れられません。

 

新撰組発祥の地を訪れたら、ついでに寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク

<西本願寺>

西本願寺の画像

出典元:https://syukatsulabo.jp/article/5724

新撰組好きな方には、もう一つ、西本願寺をご紹介しましょう。

 

西本願寺は京都駅近くにある大変大きなお寺ですが、こちらも一時期新撰組の宿所として利用されていました。

 

先ほどご紹介したように、もともと新撰組の宿所は壬生・八木家でありました。

 

しかし、1864年の池田屋事件にて、新撰組が尊王攘夷派であった長州藩や土佐藩を襲撃した後は、その成果が認められ、新撰組に対する幕府からの支援は一段と厚くなりました。

池田谷事件の新選組の画像

出典元:http://shinsengumi.link/agyo/311/

それに伴って新撰組は増員することになり、200名を超える組織となったのです。

 

そのため旧来の壬生屯所では手狭になり、1865年、西本願寺を新たな屯所としたのでした。

 

ただ、西本願寺に移った新撰組は、寺院内で砲撃訓練を行なったり、仏教において禁忌とされた肉を持ち込んで食べたり、傍若無人な振る舞いを繰返しました。

 

このような背景から、今でも京都の人はあまり新撰組を良く思っていないようです。

 

私が京都の方とお話しした際も、「京都には新撰組嫌いな人が多い」との言葉をいただきました。

 

歴史の描き方は様々で、1人の人物を取り上げてみても、英雄にも悪人にもなります。

新選組のお墓の画像

出典元:http://katze-tasteful-life.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/20070421_9f7a.html

昔の京都の住民からすると、新撰組は物騒極まりなかったのでしょう。

 

ちなみに、西本願寺は織田信長と長い間対立関係にあり、抗争していたことでも知られているので、戦国時代好きな方も足を運んでみると良いでしょう。

<同志社大学 今出川校>

同志社大学 今出川校の画像

出典元:http://bittercup.blog.fc2.com/blog-entry-4948.html

京都御所のすぐ近く、同志社大学今出川校も幕末の動揺の一舞台として歴史に刻まれています。

 

坂本龍馬が立役者となった薩長同盟は、薩摩藩邸の一つであった「二本松の藩邸」において合意が成立しました。

 

そして実はこの「二本松の藩邸」の跡は、現在の同志社大学今出川校のキャンパス内に存在するのです。

 

それにしても、なぜ同志社大学内に「二本松の藩邸」の跡があるのでしょうか。

 

その理由は、同志社大学の創設者・新島襄と、旧二本松の藩邸跡を購入した山本覚馬の関係に求めることができます。

 

新島襄の妻は、あの有名な新島八重であり、山本覚馬は八重の兄にあたります。

 

つまり、山本覚馬と新島襄は義理の兄弟の関係にあり、覚馬は襄にこの土地を譲ったのでした。

 

このように歴史の跡が深く刻まれた同志社大学は、歴史好きには何度訪れても飽きない場所です。

 

「二本松の藩邸」跡だけでなく、同志社大学の古い建築物も見どころなので、散策がてら校内を巡ってみましょう。

スポンサーリンク

<京都御所>

京都御所の画像

そして、同志社大学今出川校に足を運んだら、そのまま京都御所に向かいましょう。

 

京都御所はあまりにも広大で、丸1日の時間が許されたとしても回り切れませんが、それほど多くの魅力を持つ場所でもあります。

 

京都御所は1790年に完成しましたが、現在の京都御所は1854年に焼失した後、江戸幕府によって1855年に再建されたものです。

 

「御所」と呼ばれるとおり、天皇の住まいであり、明治維新まで実際に利用されていました。

 

そして、この京都御所は「蛤御門の変」の激戦地であり、京都を追われた長州藩と会津・桑名藩兵が衝突した場所として知られています。

 

この戦いで長州藩が敗北し急進指導者を失った後は、会津藩・桑名藩・一橋慶喜らが京都政局を主導するようになったのです。

 

かつての激戦地であった蛤御門の梁には戦時の傷跡が残っており、今でも弾痕の跡を確認することが可能です。

 

この場所を訪れた時に、ご自身の目で確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

<二条城>

京都二条城の画像

二条城と聞いて思い浮かべるのは、誰もが知る日本史上の大転換、「大政奉還」ではないでしょうか。

 

1867年10月14日、15第将軍徳川慶喜は「従来之旧習を改め、政権を朝廷に帰し奉り」と記した上表を天皇に献上ました。

 

この大政奉還が行なわれた場所が、二条城の二の丸御殿の中の「一の間・二の間」と呼ばれる部屋です。

 

この部屋は二の丸御殿の中でも最も格式の高い部屋であり、特に二の間は修学院離宮を創った後水尾天皇の行幸の際、能舞台の見どころとして利用されていたとも言われています。

京都二条城の二の間の画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2137866067225878701

この二の丸御殿を訪れた際には、障壁画にも注意しながら見学されることをおすすめします。

 

というのも、二の丸御殿の障壁画は、狩野派の巨匠・狩野探幽を中心とした一流絵師集団により制作されたものだからです。

 

1つ1つの障壁画の重厚さに触れたら、歴史の重みを感じざるを得ません。

 

そして驚くなかれ、二の丸御殿には3000面以上の障壁画が残っており、そのうち1016面が日本の重要文化財となっています。

 

日本人であるのなら、そして幕末の歴史探訪をするのであれば、二条城は最も外せない場所でしょう。

スポンサーリンク

<酢屋>

京都の酢屋の画像

出典元:http://naokun.cocolog-nifty.com/nekozura/2009/08/post-d4ab.html

坂本龍馬といえば、「寺田屋」を思い浮かべるでしょう。

 

しかし「寺田屋」はあまりにも有名なので、ここでは「酢屋」をご紹介することにします。

 

「酢屋」は1721年に創業した材木商であり、幕末には「海援隊本部」が置かれていた場所です。

 

現在でも、「酢屋」は創業当時と同様、材木商を続けているそう。

 

そしてこの場所は坂本龍馬と縁の深い場所であり、彼が近江屋にて襲撃されるまで身を潜めていた隠れ家として知られています。

 

龍馬がこの場所に身を隠していた頃、「酢屋」は材木屋のみならず、高瀬川での運送業も営んでいたそうです。

 

この付近には各藩の藩邸が多く、その上「酢屋」の前まで高瀬舟が出入りしていて、伏見・大阪などとの連絡を取りやすかったため、坂本龍馬はこの地に留まったのだそうです。

坂本龍馬の画像

出典元:http://blog.livedoor.jp/kifuda/archives/888421.html

彼は2階の1室に住んでおり、「才谷梅太郎」と名を変えていました。

 

当時龍馬が泊まっていたこの部屋は、現在ギャラリーとなっており、貴重な資料が展示されています。

 

坂本龍馬に興味をお持ちの方は、是非訪れて行きたい場所ですね。

【まとめ】

歴史は様々な観点から捉えることで、より立体的にまざまざとその姿が浮かび上がります。

 

本やドキュメンタリーなどを通して見るだけでは、まだ歴史の真髄に触れたとは言えません。

 

過去には決して戻れませんが、私たちができること、それは今でも残る当時の建築や美術、そして史料に触れ、その息吹に耳を澄ませることです。

 

その時代の残骸を注意深く観察することで、私たちは歴史を立体的に再構築することができるのです。

 

京都を旅行する際には、様々な歴史的遺物を観察し、歴史の広さと深さに身を任せてみてくださいね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、是非SNSなどでシェアしてみてください。

 

また、記事のこんな点が面白かった、もっとこのような記事を書いて欲しいといったご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

皆さんのお声を取り入れた記事を書いてまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

10月の京都旅行!おすすめの紅葉スポット6選!

「10月には京都旅行に行くけれど、紅葉はちょっと早いかな?」   確かに、たいがい紅葉

記事を読む

温泉・朝食付き!京都女子一人旅で宿泊できるおすすめ旅館は?

 一人旅で困ってしまうのは、お一人様プランが少ないことです。   「いいな」と思った旅

記事を読む

女子一人旅の楽しみ方!一人だからこそ挑戦してみませんか?

女性の一人旅は寂しそう、というイメージはもう古いものかもしれません。   近年は、女子

記事を読む

京都のおすすめのレトロ喫茶は?日帰り温泉も紹介!

<THE京都>というイメージをくつがえすような、そんな体験をしたいと思う方は、「レトロ」をテーマに京

記事を読む

京都女子一人旅!日帰りのおすすめコースはどこ?

京都には日帰りの女子一人旅で訪れたい場所がたくさん。   でも、その中でも一番のおすす

記事を読む

1月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

東京や大阪とあまり気温の変わらない1月の京都。   しかし、観光客として訪れるのであれ

記事を読む

京都旅行のお土産!家族や彼氏、上司に贈るおすすめのプレゼントは?

京都には素敵なお土産がたくさんあります。   お土産は見るだけで楽しいものですが、実際

記事を読む

復縁に効く京都の寺社!櫟谷七野神社の復縁の効果は?

振られてから長い時間が経っても、忘れられない気持ちをつのらせていると、とても大きな重荷になりますよね

記事を読む

京都旅行で栗拾いはいかが?おすすめの農園を紹介します。

京都旅行に栗拾い。   意外な組み合わせかもしれませんが、後から思い出してしまうような

記事を読む

11月の京都旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

11月の京都は、気温と服装に注意が必要です。   この季節は、秋と冬の中間。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初めて小樽旅行!観光スポットや温泉、グルメも一挙ご紹介!

小樽の魅力はガラスだけにとどまりません。   ガラス工房

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑