*

沖縄青の洞窟で体験ダイビングをするなら?おすすめショップを紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/10/11 沖縄旅行

沖縄の青の洞窟でのダイビングは、一生に一度でも体験したい、と思われる方も多いでしょう。

 

しかし、いざダイビングショップを探すと、その多さに驚愕せざるを得ません。

 

中には、無資格のインストラクターのいるショップも存在し、ツアーの安全性も確かではありません。

 

そこで、今回は信頼してツアーを任せられるショップをご紹介します。

スポンサーリンク

沖縄青の洞窟で体験ダイビングをするなら?おすすめショップを紹介!

沖縄青の洞窟のダイビング画像

沖縄の青の洞窟には、日本全国から多くの人を惹きつける不思議な魅力があります。

 

この洞窟では、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができますが、せっかく珍しい場所で体験するのであれば、本格的にダイビングしたいですよね。

 

でも、青の洞窟ツアーを売りにしているダイビングショップは無数にあるので、どれを選べばよいか、考え込んでしまうことも多いでしょう。

 

そこで、今回は安心してダイビングを楽しむことのできる、おすすめのダイビングショップについてご紹介します。

スポンサーリンク

<マリンクラブ クレア>

マリンクラブ クレアの画像

出典元:http://www.crea-diving.biz/

マリンクラブ クレアは、お客様の満足度を最優先にしたダイビングショップです。

 

沖縄には数多のダイビングショップが存在しますが、その中にはプロではない無資格のインストラクターがお客様を指導していることも多く、信用ならないショップも多いもの。

 

しかし、マリンクラブクレアのスタッフは全員ダイブマスターレベルを超えるプロの資格保持者であるため、ダイビング初心者であっても安心して指導を受けることができます。

 

業界最高の高品質を保証するほどのプロ意識を持ったダイビングショップなので、信頼できるショップでしょう。

 

また、完全貸切プランや動画・写真の水中撮影も無料で行うことができるのも嬉しい点です。このショップのコースは次の通りです。

・Aコース(お魚&サンゴコース)

マリンクラブ クレアのダイビング画像1

出典元:http://www.crea-diving.biz/himitsu.html

Aコースではタンク1本分(45分間分)を背負い、最大深度12mまでの場所をインストラクターが引率します。

 

お客さんの速度に合わせて誘導してくれるので、初心者でもゆっくりと落ち着いて海中散策を楽しむことができますよ。

 

料金について、Aコースの場合、ビーチエントリーであれば8400円、ポートエントリーであれば9400円となります。

・Bコース(青の洞窟コース)

マリンクラブ クレアのダイビング画像2

出典元:http://www.crea-diving.biz/himitsu.html

こちらは、青の洞窟に特化したコースです。

 

Aコースの内容に、青の洞窟を加えたプランとなります。

 

こちらもタンク1本分、45分間の散策となります。

 

洞窟の中も、洞窟の外もどちらも楽しみたいのであれば、このコースを選んでみましょう。

 

コース料金について、ビーチエントリーを選んだ場合には8800円、ポートエントリーを選んだ場合には9800円となります。

・Cコース

マリンクラブ クレアのダイビング画像3

出典元:http://www.crea-diving.biz/himitsu.html

こちらは少し贅沢にダイビングを楽しめるコースです。

 

というのも、AコースとBコースをセットにしたコースで、体験ダイビングを2回楽しめてしまうプランだからです。

 

したがってダイビングの時間は、実質90分となり、思う存分海に親しむことのできる時間を味わえます。

 

Cコースの場合、ビーチエントリーコースは1万2800円、ポートエントリーコースは1万4800円となります。

 

ちなみに、このA・B・C、3つのプランでは、熱帯魚への餌付け体験も含まれています。

 

海の生き物と触れあえるプランが魅力的ですね。10歳から65歳までの方が参加することのできるコースです。

スポンサーリンク

<マリンクラブ ナギ>

マリンクラブ ナギの画像

出典元:http://nagi.biz/

沖縄青の洞窟でシュノーケルをするなら?おすすめショップ3選!」の記事にも登場したマリンクラブ ナギですが、このショップは青の洞窟のコンシェルジュとして16年間の実績を誇るショップです。

 

ショップのスタッフは全員ダイビングの資格であるPADIインストラクター資格を保持しており、安心して指導をお願いすることができます。

 

このショップの青の洞窟プランは1つ、「青の洞窟体験ダイビング」となっています。

 

それぞれについて、もう少し詳しく確認してみましょう。

・青の洞窟体験ダイビング

マリンクラブ ナギの画像

出典元:http://nagi.biz/

この体験ダイビングの特徴は、完全少人数制であるという点です。

 

そのため、友達・カップルだけでダイビングを満喫することができ、他人の目を気にせずに体験を楽しむことができます。

 

浅瀬できちんと練習を行なってから、青の洞窟にて40~50分のダイビングを楽しみ、さらに熱帯魚への餌付け体験も行うことができます。

 

このコース全体の所要時間は2~3時間で料金は9800円となります。開催時間は8時、10時30分、13時30分、15時30分の4回です。

 

青の洞窟でのダイビングプランはこの1つですが、他にも「真栄田岬で体験ダイビング!」、「体験ダイビング&青の洞窟シュノーケリング」の2種類のダイビングを堪能することができます。

 

後者のプランでは、青の洞窟でダイビングはできませんが、シュノーケリングを楽しめるので、シュノーケリングもダイビングも楽しみたい方にはうってつけのプランでしょう。

スポンサーリンク

<SeaMole>

SeaMoleのダイビング画像

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

SeaMoleは青の洞窟でのダイビングをはじめとして、様々なプランを満喫することのできるショップです。

 

このショップでは、初心者でも体験できるダイビングコースはもちろん、ハイレベルなライセンス講習を受けて、インストラクタートレーニングコースを修了することのできるプロショップでもあります。

 

将来、プロのインストラクターになりたいと考えている方にも、おすすめのショップです。

 

SeaMoleには嬉しい4つの特典があります。

1. グループ完全貸切

SeaMoleのダイビング案内画像

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

SeaMoleでは泳ぎが得意でない方、初めてダイビングを体験する方に合わせて、グループ完全貸切のプランとなっています。

2. 星の砂プレゼント

SeaMoleのダイビング案内画像1

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

SeaMoleを利用したお客さんには、無料で星の砂をプレゼントしてくれるオリジナル特典が付きます。

 

これをお土産に持って帰れば、ずっと後になっても、ダイビングや美しい海を思い返すことができますね。

3. 思い出保障

SeaMoleのダイビング案内画像2

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

ダイビングの思い出は、きれいな写真にしても印象に残ります。

 

SeaMoleでは。専属スタッフにダイビングやシュノーケル中に写真を撮っていただけます。

 

しかも、写真はすべて無料で持ち帰ることができるのです。

 

たくさんの枚数を撮って欲しい場合には、スタッフに申し出れば、いくらでも撮っていただくことが可能です。

 

SNS投稿用の写真はこれで困りませんね。

4. アットホーム

SeaMoleのスタッフ画像

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

このショップの何よりのこだわりは、アットホームな雰囲気づくりです。 

 

ダイビングの体験をするお客さんが素敵な思い出を作れるように、安全を徹底した上で、誠実・良心的なサービスを提供していただけます。

 

以上がSeaMoleの4つの特徴です。

 

そして、青の洞窟で体験できるダイビングプランは2つ、「青の洞窟 体験ダイビング」と「青の洞窟 セットコース」です。

 

それぞれの内容について、ここで確認してみましょう。

・「青の洞窟 体験ダイビング」

SeaMoleの体験ダイビングの画像

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

このコースは、青の洞窟でのダイビングに特化したシンプルなプランです。

 

コースは全部で3時間であり、8500円となります。

 

集合時間は、8時、10時、12時、14時、16時と他店よりも1日当たりの体験コースが多いのが特徴的です。

 

SeaMoleでは、真栄田岬に直接集合し、そこで申込用紙記入と説明を行ないます。

 

その後、浅瀬で呼吸の練習を行なってから、ダイビングがスタートします。

 

水中ツアーは60分以上続くので、海での散策を楽しみたい方には十分満足のいくツアーとしておすすめですよ。

・「青の洞窟 セットコース」

SeaMoleのシュノーケルの画像

出典元:http://www.okinawadiving.jp/

青の洞窟セットコースでは、シュノーケリングとダイビングの両方を楽しむことができます。

 

時間は4時間で、料金は1人10000万円となります。

 

2つのアクティビティを合わせても10000円だと考えると、とてもリーズナブルなお値段なのではないでしょうか。

 

どちらも試してみたい方には、お得に楽しめるおすすめのコースでしょう。

 

こちらのコースでも、真栄田岬に直接集合し、説明を受け、浅瀬でしっかりと呼吸の練習を行なった後にシュノーケリングを開始します。

 

シュノーケリングの後には休憩をはさんでダイビングの説明を受け、浅瀬で練習を行なってから体験をスタートさせます。

 

「青の洞窟セットコース」は8時、10時、12時、14時、16時の5つの時間帯から選ぶことができるので、その日の予定に柔軟に組み込むことができます。

スポンサーリンク

【まとめ】

今回は、青の洞窟で体験することのできるダイビングショップについてご紹介しました。

 

沖縄にはダイビングショップが数多く存在し、中にはきちんとプロダイバーの資格を持っていないスタッフが誘導ずることもるようです。

 

海にはどんな危険が潜んでいるか分かりません。

 

しっかりと安全を守ってくれるインストラクターがいるショップでダイビングをすると、料金は数千円から1万円前後と高くなってしまいますが、安心してダイビングを行うに越したことはありません。

 

ダイビングショップを選ぶ際には、信頼できるインストラクターであるかどうかしっかりと確認しましょう。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、SNSでシェアしてみてくださいね。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

皆さんのご感想をもとに、より情報の詰まった記事を書いてまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

沖縄本島の透明度の高いビーチは?おすすめランキング!

沖縄本島には透明度が高く、環境省から透明度最高値であるAAの認定を受けたビーチが幾つも存在しています

記事を読む

女子旅にぴったり!沖縄のおしゃれでかわいいカフェ6選!

沖縄には日本本土とは異なる個性を持ったカフェが数多く集まっています。   一日中観光を

記事を読む

女子一人旅の楽しみ方!一人だからこそ挑戦してみませんか?

女性の一人旅は寂しそう、というイメージはもう古いものかもしれません。   近年は、女子

記事を読む

好きな人に喜ばれるお土産の渡し方は?言葉遣いとマナーが大事!

好きな人にお土産を喜んでもらうには、渡し方が肝心です。   些細な言葉や渡し方のマナー

記事を読む

宮古島のシュノーケルにおすすめのビーチはどこ?

宮古島の海で、シュノーケルは外せないアクティビティです。   美しい宮古島の海では、浅

記事を読む

沖縄本島のおすすめ穴場ビーチランキング9選!

数ある沖縄本島のビーチには、様々なタイプがあります。   観光客に人気なビーチも華やか

記事を読む

沖縄花火大会シーポートちゃたんカーニバルの見所や穴場は?

沖縄旅行では様々な観光地を巡りますが、それだけでは物足りないかもしれません。   メリ

記事を読む

宮古島のおすすめの穴場スポット8選!雪塩製作所やサンピラー等

宮古島には、数々の観光名所がありますが、島の良さを知るためには、定番観光地のみでは物足りません。

記事を読む

女子一人旅で泊まりたい!沖縄のゲストハウス4選とは!?

女子一人旅の宿泊先でおすすめできるのが、ゲストハウス。   一人で宿泊することに多少の

記事を読む

沖縄女子旅でおすすめのフルーツ&スイーツ店舗!南国を満喫しよう!

沖縄を旅したら、試してみたいのがスイーツ巡りです。   雪塩や紅芋、マンゴーをはじめと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初めて小樽旅行!観光スポットや温泉、グルメも一挙ご紹介!

小樽の魅力はガラスだけにとどまりません。   ガラス工房

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑