*

沖縄旅行×美容!?女子旅でエステ・スパ・ヨガを楽しむ!

公開日: : 沖縄旅行

観光地を巡る旅は魅力的ですが、意外にも体力を消耗して体に疲れが溜まります。

 

女子旅には観光だけでなく、癒し要素も取り入れたいですよね。

 

そこで、旅程に取り入れていただきたいのが、「美容」です。

 

のんびり自然の時間を楽しむ中で、心も体もリフレッシュするのです。

 

この記事では「沖縄×美容の旅」におすすめの場所をご紹介しますね。

スポンサーリンク

沖縄旅行×美容!?女子旅でエステ・スパ・ヨガを楽しむ!

エステの画像

女性同士、あるいは女性の一人旅で沖縄を訪れるのなら、1日の旅程に「美容」を楽しむ時間を作るのがおすすめです。

 

忙しい日常では、美容・癒しが疎かになっている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、自分へのご褒美として、ちょっと贅沢な「沖縄×美容」の旅を企画してみましょう。

 

心と体を自然に戻すことで、本来の自分に戻ることができますよ。

 

それでは、はじめに「沖縄ビーチヨガ」からご紹介しますね。

スポンサーリンク

<沖縄ビーチヨガ>

沖縄ビーチヨガの画像

出典元:http://www.asoview.com/act/yoga/okinawa/are0471400/pln3000011218/

近年、女性の趣味として人気を呼んでいるヨガは、自律神経を整える効果をはじめとして、心と体の調和を保つ手段・忙しい日常に癒しを与える手段として注目されています。

 

ヨガは本場インドをはじめとして、世界各地のリゾート地などにおいても体験プログラムが組まれているので、ヨガ旅行を楽しむ女性も多いのです。

 

もちろん、沖縄も例外ではありません。

 

凝り固まった心を解放してくれるような美しい海を前に、ビーチでヨガのプログラムを受けることができます。

 

ビーチでのヨガプログラムは多くの会社が提供していますが、沖縄でヨガをするのなら、「沖縄ビーチヨガ」がおすすめです。

 

このプログラムは11か所のビーチで行われており、アンチ浜、21世紀の森ビーチ、名護市民ビーチ、幸喜ビーチ、ナビービーチ、残波ビーチ、渡具知ビーチ、アラハビーチ、瀬長ビーチ、新原ビーチ、具志頭ビーチで体験できます。

 

ビーチでのヨガは1日2回、「朝ヨガ」と「サンセットヨガ」。

 

「朝ヨガ」の開始時刻は朝の6時から7時の間の1時間、清々しい朝日を浴びながらヨガを楽しみます。

沖縄ビーチヨガの画像

出典元:https://beach-yoga.net/whatis

「サンセットヨガ」は夕方の17時から18時前後に1時間、ロマンチックな夕陽を眺めつつ、一日動いて疲れた体を癒します。

 

料金は一人につき2000円、ヨガマットは別途200円となっています。

 

ヨガの担当インストラクターは、全員ヨガの資格・実績を持っており、さらに一定の基準を満たしたインストラクターのみを選抜しているので、初心者であっても丁寧な指導を受けることができます。

<AsianRelaxation ヤーチャイチュラ 恩納村店>

ヤーチャイチュラ 恩納村|タイ古式マッサージの画像

出典元:https://youtu.be/j3V0SVaOYRY

南国のオーシャンビューを眺め、波の音に心洗われながらエステを受ける。

 

こんな場面に憧れる人も多いのではないでしょうか。

 

こんな妄想を実現してしまうのが、Asian Relaxation ヤーチャイチュラ 恩納村店でのエステです。

ヤーチャイチュラ 恩納村の足ツボの画像

出典元:https://youtu.be/j3V0SVaOYRY

このお店は、お客さんにゆっくりとエステを楽しんでいただくことを目的とした、プライベートサロンとなっています。

 

エステサロンで受けることのできるメニューは全部で6種類、「タイ古式マッサージ」、「アロマトリートメント」、「ハーバルボールマッサージ」、「ハーバルスチームテント」、「アロマドライヘッドスパ」、「タイ式フットマッサージ」です。

 

これらのマッサージの中でも、世界で一番気持ちの良いマッサージを言われているのは、タイ古式マッサージ。

 

海の音に耳を澄ませながら、至極のエステを体験する贅沢なひとときは、何ものにも代え難い幸せを感じさせてくれるでしょう。

スポンサーリンク

<ガーデンパナ>

ガーデンパナ 石垣島の画像

出典元:http://8yama.com/ishigaki/3314.html

ハーブは健康維持、健康増進に効果のある芳香性の高い植物であり、中国における漢方のような役目を担ってきました。

 

現在ではハーブをもとにしたアロマテラピー(芳香療法)やフィトテラピー(植物療法)が女性の間で大きな人気を呼んでいます。

ガーデンパナの画像

出典元:http://www.tabinchu.net/ishigaki/area6_1/genre4_1/spot_200978/

そこで、沖縄旅行に癒しを求めているのなら、ハーブガーデンに足を運ぶのもおすすめです。

 

「沖縄でハーブ?」と不思議に思うかもしれませんが、温暖な島育ちのハーブは独特な香りを放つと言われているのです。

 

おすすめのハーブガーデンは石垣島の「ガーデンパナ」。

 

ここは海をのぞむ小高い丘の上に立つ小さなハーブガーデンです。

 

ガーデンパナにはハーブガーデンはもちろん、直売所や、おしゃれなカフェも併設されています。

ガーデンパナの画像3

出典元:http://www.tabinchu.net/ishigaki/area6_1/genre4_1/spot_200978/

ハーブガーデンでは、南の島で育つハーブとして代表的な「月桃(ゲットウ)」と「レモングラス」、石垣島のハーブである「ハママーチ(別名:琉球ヨモギ)」と「ウイキョウ」などの独特なハーブ、そしてミントやバジルなど一般的に知られている種類のハーブが育てられています。

 

また、直売所ではハーブの調味料やバスソルト、オリジナルの石鹸などが販売されており、試食も可能です。

 

限定のアイスハーブティー・アイスハイビスカスティーも販売されていますよ。

ガーデンパナの飲み物の画像

出典元:https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47006746/dtlrvwlst/B230692544/

併設カフェでは、名蔵湾の景色を眺めながら、ハーブをふんだんに使用したランチをいただくことができます。

 

どのメニューにもハーブティーが付いており、ハーブ好きな人にとっては至福のひとときを味わえるお店でしょう。

 

その他、期間限定メニューやドリンクメニューも用意されていますよ。

 

アロマテラピーやフィトテラピーの勉強をしている人、癒しのひとときを過ごしたい人は、是非とも石垣島のガーデンパナを訪れてみてくださいね。

<星のや竹富島のスパプログラム>

星のや竹と嶋のスパプログラムの画像

出典元:http://hoshinoyataketomijima.com/

竹富島に滞在する予定があるのならば、「星のや竹富島」には是非とも宿泊したいところ。

 

このリゾートホテルは、洗練された琉球建築の客室や、プール・マリンアクティビティを味わい尽くせる空間です。

 

客室からは美しい竹富島集落をのぞむことができます。

 

そして、星のや竹富島では、自然の力を最大限に活用した島時間スパを満喫できます。

 

この「島時間スパ」は、先ほど「ガーテンパナ」でもご紹介した月桃や海藻、あらには天草などの天然由来のアロマ・オイルを使用して、お客さんにやさしい至福の時間を提供しています。

星のや竹と嶋のスパプログラム 島時間スパの画像

出典元:http://hoshinoyataketomijima.com/

このスパでは、2種類のプログラム、「滞在型スパプログラム」と「1時間程度のトリートメント」が提供されます。

 

「滞在型スパプログラム」は「いーちょーばーキレイ滞在」と呼ばれるもので、古来竹富島に伝わる野菜・薬味を使用した湿布やバスソルト、ブランチなどを作り、体験することができます。

 

一方で「1時間程度のトリートメント」では、「憩(けい)」、「寛(かん)」、「凛(りん)」、「もずくの潤い」、「薫る月桃」、「命草のぬくもり」、「海のめぐみ」の7つのメニューが提供されています。

 

それぞれのメニューごとに、トリートメントを行なう体の部位が異なるので、自分の希望に合わせてオーダーしましょう。

 

現代の画一的・機械的な毎日を過ごす女性の心と体を、本来の姿に戻してくれますよ。

スポンサーリンク

<琉球温泉 龍神の湯>

沖縄 琉球温泉瀬長島ホテルの画像

出典元:http://www.hotelwbf.com/senaga/jp/hotbath/index.html

沖縄は温暖な気候なので、あまり温泉のイメージが湧かないかもしれません。

 

でも、実は沖縄にもたくさんの温泉が点在しており、美容効果抜群の天然温泉につかることができるのです。

 

その中でも最も有名な温泉は、那覇空港から車で15分ほどの離島、瀬長島に位置する「琉球温泉 龍神の湯」。

 

この温泉は、瀬長ホテル内に設置されている温泉で、地下1000mから汲み上げる天然温泉が人気を博しています。

琉球温泉の画像

この温泉で特徴的なのが「立湯露天風呂」です。

 

この露天風呂は深さが120cmにもおよぶ深さで沖縄最大級なのです。

 

さらに、この露天風呂からは、沖縄の海を眺めることができるので、朝の清々しい表情を浮かべた海、夕暮れ時のオレンジ色の夕日を目一杯楽しめます。

 

というのも、温泉が位置する瀬長島は、サンセットで有名な島であり、天気に恵まれた日には慶良間島諸島を見渡すことができるのです。

立ち湯露天風呂 沖縄の画像

「美人の湯」、「子宝の湯」と呼ばれているので、美容・健康に気を遣っている方にはおすすめの温泉ですよ。

 

さらに、ここでは「ロウリュ」と呼ばれるフィンランドの伝統的なサウナ入浴法も体験できます。

 

その他にも、水湯や内湯も設置されているので、温泉を心ゆくまで堪能してみてくださいね。

 

ちなみに、龍神の湯は瀬長島ホテル内に併設されていますが、日帰り入浴も可能なので、ホテルに宿泊していない方も立ち寄ることができます。

【まとめ】

女性同士、あるいは女性の一人旅では、美容を取り込んだ旅を企画したいものですよね。

 

彼との旅行も楽しいものですが、美容となると女性同士で行った方が気軽に楽しめます。

 

何より、美容に特化した旅行は、ちょっと豪華な非日常的リゾート気分に浸れるので、″命の洗濯″をするにはうってつけです。

 

旅行プランを立てても、より一層楽しくなりますね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、是非SNSでシェアしてみてくださいね。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが良く分からなかったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

皆さんからのコメントをもとに、一層お役に立つ記事を執筆してまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

沖縄のサメ被害があった季節やビーチはどこ?対処法もご紹介!

美しいバラにもトゲがあるという言葉の通り、美しい海にも危険が潜んでいます。   沖縄の

記事を読む

国内・海外旅行の女子一人旅!気を付けるべき危険ポイントは?

最近は、一人旅も女性にとって癒しのひとときとなりました。   でも、国内・海外問わず、

記事を読む

2月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

2月の沖縄は、早くも桜が咲き始めます。   つい温暖なイメージを抱いてしまいますが、2

記事を読む

琉球王国の歴史を分かりやすく!女子旅を奥深い旅にしましょう!

旅行では、目に見えるものはもちろん、目に見えないものを見ることに大きな意義があります。  

記事を読む

沖縄旅行におすすめ!旅が楽しくなるホテルはどこ?

ホテルを制するものは旅行を制す。   旅行の楽しさを決める要素として非常に大切なのがホ

記事を読む

沖縄の夜を楽しもう!女性でも気軽に入れるおしゃれバーはどこ?

旅行中は夜の時間をどのように満喫すれば良いか悩んでしまいますよね。   でも、素敵な夜

記事を読む

宮古島のシュノーケルにおすすめのビーチはどこ?

宮古島の海で、シュノーケルは外せないアクティビティです。   美しい宮古島の海では、浅

記事を読む

石垣島鍾乳洞の見所や所有時間、料金は?地下世界をご案内!

大自然溢れる石垣島には、神秘に包まれた鍾乳洞が点在する場所です。   鍾乳洞は観光の穴

記事を読む

沖縄への女子旅におすすめの持ち物リスト!服やお金は?

快適な旅行には、適切な持ち物が必要です。   うっかりと忘れ物してしまうと、そのことで

記事を読む

11月の沖縄旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

11月の穴場シーズンに沖縄旅行を考えている方も多いでしょう。   でも、この季節に沖縄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

2月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

2月の北海道は1年の中で最も寒さの厳しい季節。   この

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑