*

京都にはなぜお寺や神社が多いの?京都女子旅を奥深い物に!

公開日: : 最終更新日:2017/10/11 京都旅行

京都についてこんな素朴な疑問を持つことがあります。

 

「なぜ京都にはたくさんのお寺や神社があるの?」

 

京都にお寺が多いことを当たり前のように思ってしまいますが、ふと立ち止まり考えるとたくさんのお寺がある。

 

とても不思議なことですよね。

 

理由を知っていれば、京都旅行ももっと楽しくなります。

 

早速、京都にお寺が多い理由を探ってみましょう。

スポンサーリンク

京都にはなぜお寺や神社が多いの?京都女子旅を奥深い物に!

平等院の画像

出典元:http://世界遺産ハンター.com/japanheritage/kyoto/

「どうして京都にはこんなにたくさんのお寺があるのだろう?」

 

京都観光ではお寺をめぐることも多いですよね。

 

京都といえばお寺、と当たり前のように思ってしまいますが、よくよく考えてみると、なぜこれほどお寺が多いのか気になりますよね。

 

京都旅行で、1つでもお寺をめぐるのならば、お寺が多い理由はぜひともおさえておきたいところ。

 

お寺が多く建立された背景を知っておくことで、旅行も一層面白みを増しますよ。

 

そこで、今回は京都にお寺が多い理由についてご紹介します。

 

京都でお寺をめぐる際には、これからお話しする背景を思い出しながら、お出かけしてみてくださいね。

スポンサーリンク

<京都には一体いくつのお寺があるの?>

神社でお祈りする女子の画像

京都、とイメージして真っ先に思い浮かべるのは何でしょう。

 

多くのお寺ではないでしょうか。

 

京都を観光する際には、お寺をめぐる機会も多いはずです。

 

どこへいってもお寺づくしの京都ですが、「一体京都にお寺はいくつあるのだろう」と考えてみたことはありませんか。

 

実は、京都観光の中心地である京都市内について、お寺の数は正式に登録されているものだけで1700にのぼるのです。

 

市内だけでこれほどの数を誇るのですから、相当な数だといえますよね。

 

ただ、「やっぱり京都は日本一お寺が多いんだ」と思いそうになりますが、実は日本全国でもっとも寺院が多いのは愛知県。およそ5000もあるそうです。これは意外ですね。

 

ちなみに、日本全国のお寺の数は7万7000です。

 

全国のコンビニが約5万5000か所、郵便局が2万4000か所であることを考えると、日本には想像を絶するほど、たくさんのお寺が存在しているのが分かりますね。

 

京都市内を見てみても、お寺の数がコンビニを上回っています。

 

それほど、日本人の仏様への信仰は大切なものなのでしょう。

スポンサーリンク

<いつから京都にお寺が増えはじめたの?>

平城京の朱雀門の画像

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/67376847.html

今でこそ、京都といえばお寺、というイメージを持ってしまうほど、京都には多くのお寺が点在しています。

 

しかし、もちろん最初からお寺が多かったわけではないですよね。

 

実際のところ、いつからお寺が増えはじめたのでしょうか。

 

それは、都が平城京から平安京へと遷都された頃だと言われています。

平安京のイラスト画像

出典元:http://kamigyo.sakura.ne.jp/tokushu/hohmonki/post-118.html

平城京への遷都が行われたのは784年で、時の天皇・桓武天皇により実行されました。

 

平城京に都をおいた理由は、日本紀略という書物に書き記されており、山や川が麗しく、交通や水運の便が良いから、だったようです。

 

その後、平安京は明治2年まで日本の首都であったとの説があるほど、長い歴史を誇る都となります。

 

さて、平安京への遷都が行われたことに伴い、多くの公家が京都に移住しました。

 

実は、京都にお寺が多い理由のカギを握るのは、この公家たちなのです。

公家の画像

当時、公家たちは非常に信仰心が篤く、その表れとしてお寺を建てたがったのです。

 

なぜ、公家たちが仏教への信仰心を持っていたのか、気になりますよね。

 

実は、この時期の日本は仏教の教えを国の統治原理としていました。

 

その影響で、当時の天皇や皇族、公家たちは東山の丘陵地や鴨川沿いに、競うようにしてお寺を建てるようになったのです。

 

事実、この時代の公家たちの和歌を確認してみても、仏教の世界観が強く影響していることが明らかです。

 

桜が散ると涙を流し、月が欠けると物思いにふける…。

 

当時の和歌や文学が描く、このような刹那的で儚い世界は、永遠は存在せず、常に移ろい変わってゆくという仏教の無常観に大きな影響を受けているのです。

和歌の画像

これほどに、当時の公家たちの心には仏教の教えが浸透していたということなのですね。

 

さて、京都にお寺が増え始めたのは、平安京への遷都が行われた頃であることは分かりましたが、その後もお寺が増えるきっかけがありました。

 

一体どのようなきっかけがあったのでしょうか。

スポンサーリンク

<お寺と末法思想にすがる人々>

末法思想の画像

出典元:http://blog.goo.ne.jp/taitouku19/e/5e880eaefa3c90f698bf64fa2ed24f8a

時は平安時代末期へと移ります。

 

この時代には、仏教界においては「末法思想」が唱えられるようになりました。

 

「末法思想」とはどのようなものなのでしょう。

末法思想の画像

出典元:http://qq3q.biz/FUal

これは、釈尊が入滅した後、時代が進むにつれて本来の正しい教法が衰滅してゆくことを説いた仏教の予言のことです。

 

つまり、お釈迦様の教えだけが残って、どのように修行を実践しようとしても、悟りを開くことができない(=末法)状態になる、ということなのです。

 

この思想、実は日本よりも先に中国においても注目されていました。

 

そして実際、末法により、仏教が衰えることで、政治が腐敗し、多くの戦乱や天災の被害を受けるようになりました。

 

このように、不安な生活を強いられた人々は、次第に浄土信仰に憧れを抱くようになりました。

 

「末法」では現世における救済はありえないという考え方をするため、人々はせめて死んだ後、極楽浄土に行けるようにと願うようになり、浄土信仰に傾倒したのです。

 

浄土とは、仏教におけるそれぞれの仏様がおさめる清浄な世界のことであり、浄土信仰とは自分の死後、極楽浄土に行くことができるよう願うことです。

末法思想の画像

出典元:https://www.waseda.jp/inst/wias/news/2017/02/14/3506/

人災・天災が立て続けに起こる不安な時代を経験し、人々は浄土への憧れを抱くようになったのです。

 

その後、平安時代が幕を下ろし、鎌倉時代へと時は移り変わります。

 

この時代に入ると、庶民にとっても仏教が身近なものになりました。

 

鎌倉時代には、特に禅宗や法華経が広まります。

 

平安末期から鎌倉時代にかけて起った、一連の日本仏教の変革は鎌倉仏教とも呼ばれていますよね。

 

鎌倉時代は鎌倉に都が置かれており、京の都の勢力は下火になっていましたが、実際この時期には今でも有名なお寺が建てられています。

 

たとえば、南禅寺です。

南禅寺の画像

出典元:http://www.jalan.net/kankou/spt_26103ag2130014841/

南禅寺は重要文化財や国宝が多く、また、すぐそばには赤レンガの水道橋が佇んでいる観光名所として知られていますよね。

 

現在の南禅寺は焼失により明治時代に再建されたものですが、もともとは鎌倉時代に建立されたお寺なのです。

 

さらに、石庭で有名な建仁寺も鎌倉時代に建てられました。

建仁寺の画像

出典元:http://www.kyoto-ga.jp/greenery/kyononiwa/2015/12/post_18.html

このお寺は臨済宗のお寺ですが、当時はこの宗派のお寺を建てるのは大変難しかったといいます。

 

しかし、鎌倉幕府の将軍の援助を受けてこの地に建てられたというのですから、時代の影響が強いことがよく分かります。

 

さらに、東福寺も鎌倉時代に建立されたものとして知られています。

東福寺の画像

出典元:http://www.tofukuji.jp/history/index.html

どのお寺も、京都観光には外せない有名どころばかりなので驚きますよね。

 

それほどに、鎌倉時代には京都に重要なお寺が建立されたのです。

 

その後も、京の都には多くのお寺が建立され、世界屈指の宗教都市となりました。

スポンサーリンク

<お寺を建設するためのあらゆる条件がそろっていた>

伏見稲荷大社の画像

出典元:http://blog.goo.ne.jp/kimmy_v-kobe/e/9a8ba159cec20b3f0b981d42e910632a

ここまで見てきたように、都の遷都や時代の風潮により京都にお寺が増えていったことが分かりました。

 

もちろん、このように時代の流れによってお寺が多くなったという理由が挙げられますが、やはり京都が日本の都であったという点が一番大きな理由です。

 

つまり、お寺を建設するためのあらゆる条件がそろっていたのですね。

 

京都は都が平安京に移されてから、学問や文化、政治、経済などあらゆる分野の中心として栄え、莫大な財力を持った公家が多く住んでいた土地です。

 

安定して学問・研究を進めることのできた京都では、古くから僧侶たちにより、仏教の教えもさまざまな角度から研究されました。

 

その上、経済面でも豊かであったため、お寺の建立も比較的行いやすかったのです。

 

最初の項目でもご紹介しましたが、京都のお寺は財力を持ち合わせた公家が、平安京への遷都後に信仰心からお寺を建設したといいますが、その一方で、自らの権力を世に知らしめることも目的としていました。

 

お寺を建てるにはそれなりのお金が必要なので、権力者たちは自らの求心力を高めるために、お寺の建立を促進していたのです。

スポンサーリンク

【まとめ】

京都市内のお寺はコンビニよりも多いということ、驚いたのではないでしょうか。

 

もちろん、愛知県が日本で一番お寺の多い場所であることも意外ですが、街中を歩いていればいくらでも見かけるコンビニの数をしのぐほど、京都にはたくさんお寺があるのですね。

 

また、お寺が増えたきっかけ・理由も、歴史との絡みが深く、興味深いものです。

 

京都のお寺をめぐる際にはぜひ、歴史の流れを感じながら楽しんでみてくださいね。

 

最後に、今回の記事が面白かったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が役に立った、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

皆さんからのコメントをもとに、旅行が一層楽しくなるような記事を執筆してまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

12月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

12月の京都は冷え込みが激しく、寒暖の差が開きます。   この時期に京都を旅行するなら

記事を読む

2月の京都旅行!おすすめの観光スポット5選!

2月は悠々自適に京都観光するにはうってつけの季節。   ふだん観光客でごった返している

記事を読む

女子旅の人間関係!気をつけるポイントは?

女子旅は同性で行く旅行であるため、一見気軽に見えるかもしれません。   しかし、どんな

記事を読む

片思いが成熟する京都の神社を紹介!諦めたくないなら!

片想いをどうしても成就させたいと思うのは、自然なことです。   叶わないものをすぐ諦め

記事を読む

京都で当たる霊感・霊視占い師がいるお店3選!口コミは?

霊感・霊視占い師と聞くと怪しく暗い雰囲気をイメージしてしまうかもしれません。   しか

記事を読む

1月の京都旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

京都は幾度足を運んでも、その魅力を知り尽くせません。   それほど奥深い京都ですが、1

記事を読む

国内・海外旅行の女子一人旅!気を付けるべき危険ポイントは?

最近は、一人旅も女性にとって癒しのひとときとなりました。   でも、国内・海外問わず、

記事を読む

京都女子旅のおすすめの体験ツアーは?京七宝や京菓子など8選!

初心者でも通でも、知らない場所・文化を次々発見することのできる京都は最上級の観光地です。 &nbs

記事を読む

京都の恋愛に効く人気でかわいいお守り!ご利益は?

愛らしい小物を集めるのが好きであれば、京都へ恋愛に効く人気でかわいいお守り集めの旅に出てみましょう。

記事を読む

本好きにおすすめする京都の古本屋巡りの旅!

読書と旅は人の人生を変えると、耳にタコができるくらい聞くことでしょう。   でもその言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

2月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

2月の北海道は1年の中で最も寒さの厳しい季節。   この

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑