*

カメラ女子の旅ならここ! 京都のおすすめ写真スポットは?

公開日: : 京都旅行

写真が趣味の女の子に訪ねてほしい、京都のおすすめスポットを紹介しましょう!

 

京都には多くの写真スポットがありますが、特にカメラ女子に人気な場所があります。

 

SNSで、かわいい・きれいな写真をアップしたい。

 

この気持ちがあれば、シャッターを切るだけで「来てよかった!」と満足できる写真スポットは必見です。

 

そんな写真スポットとは…?

スポンサーリンク

カメラ女子の旅ならここ! 京都のおすすめ写真スポットは?

カメラ女子の画像2

スマホが普及し、SNSが当たり前のように使われるようになりました。

 

そのため、スマホでも簡単にきれいな写真を多くの人と共有できるようになりましたよね。

 

せっかくの女子旅に出かけたら、みんなで撮ったきれいな写真をたくさんの人に見せたい。

 

こんな気持ちをもっている人も多いのではないでしょうか。

 

きれいな写真を撮って、他の人にも「行ってみたい!」と思ってもらえたらうれしいですよね。

 

もちろん、後で写真を見返したときには、楽しい思い出が色あざやかによみがえります。

 

フォトジェニックな街・京都のなかでも、特に訪ねておきたいスポットはどこなのでしょうか。

スポンサーリンク

<八坂庚申堂 /東山>

八坂神社の画像

出典元:http://livingpedia.net/archives/1200.html

ポップでカラフルな写真が取れる場所、それが八坂庚申堂です。

 

ここでは、たわわに結び付けられた「くくり猿」と一緒に、着物姿で写った写真を撮るのが人気ですよ。

八坂庚申堂がある東山エリアには着物レンタルのお店もたくさんあるので、着付けが終わりしだい、写真を撮るには最適なこの場所に足を運んでみるのもよいでしょう。

 

ここから徒歩3分の場所には、「京都レンタル着物くくる-Cucuru」というお店があるので、気になる方は利用してみてくださいね。

 

(関連記事:「京都の女子旅を楽しみたい!着物をレンタルするならwargo!」)

 

ところで、くくり猿とは手足をくくられた猿のお守りのこと。

 

八坂庚申堂境内のいたる所に奉納されています。

 

どうして、猿の手足がくくられているのか。

 

それは、欲望のおもむくままに行動する猿を身動きできなくすることで、「人間も欲に走らぬように」との戒めを込めているからです。

八坂庚申堂境内の画像

出典元:http://ur0.pw/Gu76

また、庚申の「申」は猿を意味することばであり、庚申信仰において猿は神様の使いとして考えられています。

 

ちなみに、八坂庚申堂は中国の道教に由来する庚申信仰を日本で初めて始めた由緒あるお寺です。

 

くくり猿に願い事をペンで書き入れ、そのまま吊るしておくと叶うのだそう。

 

特に学業・商売繁盛・縁結びにご利益があります。

 

ただし、お願いごとすると同時に、人間は余計な欲望も持ってしまいますよね。

 

その欲望を我慢すれば、願い事が叶うと言われているんですよ。

 

くくり猿は500円。

 

ちなみに、ここでは他にも猿にちなんだかわいらしいお守りが手に入ります。

指猿の画像

出典元:http://ur0.pw/Gu7i

その中でも、「指猿」が魅力的。

 

このお守りは、手足を器用に使える猿にあやかり、手先の器用さを願うものです。

 

職人さんが1つずつ手作りで作るお守りなので、猿の表情も同じものは一つとしてありません。

 

手先を使う仕事をしている人、小さなお子さんがいる人に贈りたいお守りです。

 

くくり猿を背景にして、指猿も写真に撮ってしまいましょう。

 

同じく東山に位置する八坂神社や清水寺は、京都の定番観光地なのでいつも賑わっていますよね。

 

でも、八坂庚申堂にはあまり人がいないので、きれいな写真を撮るにはうってつけの穴場ですよ。

スポンサーリンク

<原谷苑(はらだにえん)>

桜の咲く京都を訪れたら、この場所でカメラを構えなければもったいない。

 

原谷苑はそんな写真スポットです。

 

ここは知る人ぞ知る、桜の桃源郷です(桜源郷といった方がよいかもしれません)。

 

個人経営の苗木販売を行っている農園であり、他の観光スポットとは一味違う桜の景色が楽しめる場所。

原谷苑の画像

出典元:http://お花見ガイド.jp/pref26/S26M000110/

「京の桜の隠れ里」と称されており、およそ4千坪の敷地には樹齢60年以上の紅しだれ桜が200本以上植えられています。

 

苗木屋さんだけに、敷地内に植えられている桜の種類はかなり豊富。

 

紅しだれ桜、八重紅しだれ桜、郷桜、菊桜、黄桜、染井吉野、薄墨桜など、一度にあらゆる桜を堪能できる贅沢な写真スポットなのですね。

ちなみに、予約すれば、休憩処の東屋で桜を眺めながら花見弁当やすき焼きをいただけます。

 

この夢のような場所で、おいしいお食事まで楽しめるなんて贅沢ですね。

 

桜を背景に、幸せそうな友達の写真をパチリと撮ってしまいましょう。

 

ちなみに、原谷苑の桜の見ごろは4月上旬から下旬にかけてです。

 

長い期間桜を満喫できるので、「4月のどこかで京都に行こうかな」と考えていたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

この場所で桜を見なければ死ぬことができない、と言われるほど絶賛されています。

スポンサーリンク

<南禅寺・水路閣>

南禅寺・水路閣の画像

レトロな写真を撮りたい時には、南禅寺・水路閣へ向かいましょう。

 

ここは非常に有名な観光スポットです。

 

京都の写真スポットと聞いて、真っ先にこの場所を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

水路閣は南禅寺の敷地内にあるレンガ作りのアーチを特徴とした水道橋です。

 

明治時代に建設され、今もこの水道橋には水が流れ続けています。

南禅寺・水路閣の水路画像

(水路閣についての詳細は、「京都のレトロスポット!喫茶店築地やソワレの楽しみ方は?」の中でご紹介しています。)

 

ここで写真を撮るのにおすすめなのは、新緑が美しい季節。

 

透きとおるような緑に、水道橋の赤レンガが映えるのですね。

 

また、紅葉の秋に写真を撮りに訪れるのもおすすめ。

南禅寺・水路閣 紅葉の画像

出典元:http://mosume.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-111d.html

ただ、これらの時期は多くの人がこの場所に訪れるので、冬など穴場の季節を狙って写真を撮りにいくのが賢明です。

 

私は2月中旬の午後3時くらいに水路閣に訪れましたが、人はまばらで譲り合うことができ、写真も撮りやすかったですよ。

 

真冬なので、赤レンガのレトロな廃墟感、それとは対照的な着物の鮮やかさが見事に溶け合う絵のような写真を撮れます。

 

この場所では、橋脚のアーチから顔を出すようなポーズで写真を撮る、着物の女の子たちをよく見かけます。

着物と洋風建築で、和と洋が混ざり、ハイカラな写真がたくさん撮れますよ。

 

南禅寺は哲学の道の終着点なので、銀閣寺付近から哲学の道を散歩しながら訪れるのも楽しいです。

スポンサーリンク

<岡崎神社>

岡崎神社の画像

出典元:http://hfoeg.jp/archives/9202

せっかくなら、女子旅ならではの女の子らしさ溢れるかわいい写真を撮りたくありませんか。

 

実は、京都に可愛らしいうさぎの神社があるんですよ。

 

その神社とは、平安神宮近くの岡崎神社です。

 

ここは別名・うさぎ神社としても知られており、そのとおり境内には狛犬の代わりに狛うさぎが置かれていたり、うさぎの絵が描かれた提灯が吊り下げられていたり、どこを見回してもうさぎづくしです。

 

この神社の周辺が野うさぎの生息地であったことが由来しているのですね。

 

かわいらしいうさぎのおかげで、ふんわりとした優しい雰囲気の写真が撮れますが、この神社で一番取りたいのは、境内に奉納された「うさぎみくじ」です。

前足を揃えて半分立ち上がるかのようなポーズのうさぎが並んだ様子は、おもわずフレームに収めたくなってしまいます。

 

うさぎおみくじは、白うさぎとピンクうさぎの2種類があり、どちらも500円で販売されています。

 

そして、この神社の狛うさぎは縁結びにご利益があると言われています。

狛うさぎの画像

出典元:http://www.kyoto-okazaki.jp/spot/spot20141009161755/

頭をなでると夫婦やカップルの平穏祈願ができるのですね。

 

さらに、本殿の中にも「招きうさぎ」が置かれており、左が「金運招きうさぎ」、右が「縁結び招きうさぎ」となっています。

岡崎神社 招きうさぎの画像

出典元:http://kyotohotelsearch.com/blog/2015/01/15/okazakijinjahatsumode15/

お金にもパートナーにも恵まれるなんて、女性にはうれしいことです。

 

女子旅では外せない観光スポットですね。

 

また、本殿の右下に設置された手水舎には、黒御影石でできたうさぎ像が置かれています。

岡崎神社 手水舎 黒御影石でできたうさぎ像の画像

出典元:http://kyotoreport.seesaa.net/article/118693495.html

このうさぎに水をかけてお腹をなでると、赤ちゃんを授かると言われています。

 

お子さんを望んでいる人は、このうさぎさんにお祈りしましょう。

スポンサーリンク

<ぱんだの散歩>

ぱんだの散歩の画像

出典元:http://napoletano-kyoto.com/kamigyoku/392/

写真に収めたいものは、景色だけではありません。

 

食べ物もおしゃれな撮影対象になりますよね。

 

そこで、写真に撮らなければ気が済まなくなってしまうスイーツをご紹介します。

 

京都市北区・北野白梅町には「ぱんだの散歩」というお団子屋さんがあります。

 

お店の名前からわかるとおり、ぱんだの形をしたキュートなお団子を作っているのですね。

 

ぱんだのお団子は一つ一つ手作りなので、それぞれ顔や雰囲気が違っており、それらが並んで焼かれる瞬間はシャッターチャンス。

みたらし団子と一緒に、みたらしのたれをかけていただきます。

 

食べる前には、忘れず写真を撮っておきましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】

京都にはこんな場所もあったのか!

 

こんな風に驚いた人もいるのではないでしょうか。

 

観光というと、つい定番の場所を巡ってしまいます。

 

でも、″カメラ女子の旅″というテーマで京都をめぐると、今回ご紹介したような魅力的な穴場スポットに行き着くのですね。

 

京都はまだまだ奥深い。

 

何回でもシャッターを切りに、京都へ出かけてはいかがでしょう。

 

最後に、今回の記事に関連して、「他にもおすすめの写真スポットがある」などの体験談・口コミがあれば、お気軽にコメントください。

 

皆さんからのアドバイスが、より多くの人の女子旅を楽しいものにしてくれますよ。

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

女子旅でのかわいいスマホ自撮りのコツ!旅行の思い出に!

スマホが普及してから、自撮りも広まりつつあります。   特に、旅行などの外出時には、き

記事を読む

好きな人に喜ばれるお土産の渡し方は?言葉遣いとマナーが大事!

好きな人にお土産を喜んでもらうには、渡し方が肝心です。   些細な言葉や渡し方のマナー

記事を読む

国内・海外旅行の女子一人旅!気を付けるべき危険ポイントは?

最近は、一人旅も女性にとって癒しのひとときとなりました。   でも、国内・海外問わず、

記事を読む

1月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

東京や大阪とあまり気温の変わらない1月の京都。   しかし、観光客として訪れるのであれ

記事を読む

京都の夜の観光はバーがおすすめ!楽しみ方も紹介します。

観光地の夜はどのように楽しめば良いのか、分からない方も多いのではないでしょうか。  

記事を読む

京都のおすすめハロウィンイベント・スポット!女子旅に魔法を!

今までとは違う新鮮な京都旅行を楽しみたい。   そんな人に知って欲しいのが、京都のハロ

記事を読む

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思っているならば、ぜひ京都・高台寺の夜

記事を読む

12月の京都旅行!おすすめの観光スポットは何処?

12月の京都こそ、観光の本質を楽しめる。   紅葉シーズンを終え、落ち着いた京都では多

記事を読む

京都のおすすめ紅葉スポットランキング!はや撫子淡紅色の花を愛で

京都は紅葉の名所の宝庫です。   日本各地に紅葉のスポットが存在しますが、京都ほど多く

記事を読む

京都で当たる霊感・霊視占い師がいるお店3選!口コミは?

霊感・霊視占い師と聞くと怪しく暗い雰囲気をイメージしてしまうかもしれません。   しか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

2月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

2月の北海道は1年の中で最も寒さの厳しい季節。   この

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑