*

12月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットを紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/12/02 沖縄旅行

12月の沖縄は、まさに観光の穴場です。 

 

この季節に観光しても、つまらないのでは?

 

そう考えていませんか。

 

実は、12月は一年でもっとも海が美しく、魅力的なイベントが各地で催されます。

 

でも、なかなか12月に沖縄に行かないので、どんな観光スポットがあるか分かりませんよね。

 

そこで、今回は12月のおすすめ観光スポットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

12月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットを紹介!

沖縄のイルミネーション画像

12月の沖縄旅行の利点は、何といっても格安で旅行を楽しむことができるという点です。

 

というのも、冬場は観光シーズンを過ぎ、飛行機代・ホテル代が割引になる機会が多いからです。

 

これほどお得に、そのうえのんびりと漫喫できる沖縄に、一度は出かけたいものです。

 

この季節ならではのイベントも、12月の沖縄旅行をさらに魅力的なものにします。

 

早速、この記事で12月の沖縄のすすめ観光スポットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

<第一牧志公設市場>

第一牧志公設市場の画像

出典元:http://entermeus.com/16502/

年中通して、定番の観光地として知られている第一牧志公設市場は、冬でもおすすめの観光スポットです。

 

公設市場は終戦直後の闇市からはじまりました。

 

ここは、沖縄の食文化の宝庫と言える市場。

 

内地では味わうことのできない、色とりどりの魚や果物などが店頭に並べられているのを眺めているだけでも楽しいものです。

 

とくに、チラガー(豚の顔)、テビチ(豚足)などが陳列されているのを見ると、豚を隅々まで残さず食べるという、沖縄独特の食文化を感じさせられます。

 

市場でもおすすめなのが、アカジンと呼ばれる魚です。

アカギシの画像

出典元:https://item.rakuten.co.jp/okinawasengyo/785743/

アカジンとは沖縄で獲れる真っ赤な魚。

 

20cm∼30cmで3000円から6000円ほどする高級魚ですが、食べた人にしか分からない美味しさが魅力的です。

 

この魚は、お刺身や魚汁にして食べます。

アカギンのお刺身画像

出典元:http://fumitaku11101.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

公設市場を訪れたら、日本の他の地域では食べられない魚に挑戦してみると良い思い出を作れそうですね。

 

また、この市場の2階にはいくつかの食堂があり、沖縄料理や魚料理を堪能できます。

 

2階の食堂では1階で買った食材を調理してもらうこともできるので、お昼ごろにこの場所に立ち寄ったら、ぜひ試してみたいですね。

 

また、毎月18日の「市場の日」には沖縄そばが安価で提供されます。

沖縄そばの画像

出典元:https://mainichibeer.jp/nahaairport-ryufu

沖縄の地元グルメを堪能したい人には、とっておきの観光スポットとなるでしょう。

 

また、公設市場周辺のお店に足を運んでみるのもおすすめです。

 

周辺にはレトロで郷愁を誘うようなお店がひしめいています。

 

お店のおばさんがフレンドリーに話しかけてくれるので、地元の人との会話を楽しみたい人にもおすすめの観光スポットです。

スポンサーリンク

<糸満ピースフルイルミネーション>

糸満ピースフルイルミネーションの画像

出典元:https://www.jalan.net/event/evt_211155/

冬の沖縄観光で楽しめるイベントとして挙られるのが、糸満ピースフルイルミネーションです。

 

このイルミネーションイベントは沖縄戦の終焉を迎えた糸満市で行われているもの。

 

平和が長く続くことを願う気持ちを発信しようという願いから、1999年から開始されたイベントです。

 

今年2017年度は、12月16日(土)から1月30日(水)まで、糸満観光農園にて開催される予定。

 

イルミネーションの開場時間は17時30分からで、点灯時間は18時から22時となっています。

 

平和への想いを込めた光のプロムナードには、およそ40万個ものLED電球が設置されています。

 

光の灯った園内に入ると、無数の星が宙に浮いているのを眺めるかのような、心静かに癒される気持ちで満たされます。

 

このイルミネーションイベントでは、毎年大型のメインオブジェや沖縄伝統の手漕ぎ漁船「サバニ」も設置されており、日本各地のイルミネーションとは一味違った沖縄の個性が表現されています。

糸満ピースフルイルミネーション サバニの画像

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/natu3piro/32468516.html

さらに、イルミネーション会場には特設ステージが設置されており、大道芸人のパフォーマンスや沖縄のアーティスト、さらには市民が参加するステージイベントなど、あらゆるジャンルのイベントを楽しめます。

 

さらに、25日クリスマスと31日の大晦日には花火ショーが開催されます。

 

ロマンチックでありながらも、このようなイベントを行えることのできる平和に感謝しつつ、参加してみたいものですね。

スポンサーリンク

<シュノーケリング・スキューバダイビング>

シュノーケリング画像

出典元:https://www.veltra.com/jp/beach_resort/guam/a/106190

沖縄に来たからには海を楽しみたい人も多いはず。

 

ただ、シュノーケリング・スキューバダイビングが冬に楽しめるかどうか気になりますよね。

 

実は、1年のうちでもっとも海の透明度が高いのは冬なのです。

 

沖縄の夏は海中でプランクトンが大発生するため、水が濁ってしまいがち。

 

その一方で冬には海水温が下がり、プランクトンも発生しにくくなるため、海水の透明度も上がるのです。

 

ただ。12月の海水温は22℃から24℃程度となるので、海水浴に適した28℃をかなり下回っているのも事実です。

 

水からあがった後には、タオルでしっかりと水気を取るようにしましょう。

 

そして、シュノーケリングやダイビングにおすすめなのが、「青の洞窟」です。

青の洞窟のシュノーケル画像

出典元:https://tagoo.jp/optour/snorkel/oa1160/

この洞窟は沖縄県の中北部に位置する恩納村・真栄田岬にあります。

 

神秘的な青い海の中でのシュノーケリング・ダイビングでは、普通のマリンアクティビティとは異なる雰囲気を楽しめます。

 

女子旅でちょっと変わった体験をするのなら、青の洞窟がおすすめですよ。

 

青の洞窟に関しては「沖縄青の洞窟で体験ダイビングをするなら?おすすめショップを紹介!」「沖縄青の洞窟でシュノーケルをするなら?おすすめショップ3選!」で詳しくご紹介しているので、気になる方はぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

<読谷山焼陶器市>

読谷山焼陶器市の画像

出典元:http://www.rokunamono.com/?p=27713

12月中旬に沖縄を訪れるのであれば、読谷村の「やちむんの里」で開催される陶器市「読谷山焼陶器市」に出かけてみましょう。

 

「やちむん」とは沖縄の方言で焼きものを意味する言葉です。

 

この陶器市は「やちむんの里」にある読谷山窯と読谷山北窯が共同で主催しているイベント。

 

今年2017年は12月15日から17日に行われる予定です。

 

ベテラン作家、若手作家を問わず多彩な作品が出品されており、通常の20%から30%で販売されているために、まとめ買いできるのが魅力的ですね。

 

また、このイベントでは作家さんとの直接の会話も楽しめるので、おすすめ商品なども教えてもらえますね。

 

さらに、やちむんの里ではこの陶器市が楽しめるだけでなく、独特の風景も心ゆくまで眺められます。

 

この焼き物の里の一番の見どころは、昭和55年(1980年)に築窯された読谷山焼共同窯です。

読谷山焼共同窯の画像

出典元:http://www.rokunamono.com/?p=11161

青空と赤い瓦屋根のコントラストが象徴的です。

 

この風景を背景に、スナップ写真を撮ってみても楽しめますよ。

スポンサーリンク

<中城城跡 わかてだを見る集い>

中城城跡 わかてだを見る集いの画像

出典元:http://www.nakagusuku-jo.jp/3405.html

沖縄の世界遺産として名高いのが中城城跡です。

 

沖縄にはグスクと呼ばれるものが今現在でも各地に点在します。

 

グスクとは、主に12世紀から16世紀にかけて、農村集落を基盤に勢力を築いた領主的豪族層の住居・防衛の拠点のことです。

わかてだを見る集いの画像

出典元:http://www.vill.nakagusuku.okinawa.jp/topics2Syosai.jsp?id__=249

中城城が築城された年代は不明ですが、14世紀後半には築城が進められていたと考えられています。

 

当初建築された中城城も、沖縄戦の戦禍を逃れることができず、1945年の3月頃には戦争によって焼失してしまいました。

 

戦後は、沖縄県で初めての公園として動物園・遊園地などのレジャー施設が設置され、県民の憩いの場として利用されるようになったのですね。

 

1972年には沖縄返還と同時に国定史跡として指定され、続いて2000年に世界遺産に登録されました。

 

この中城城跡で毎年行なわれているのが、「わかてだを見る集い」。

 

今年2017年は12月23日に行われる予定です。

 

わかてだというのは「若い太陽」のことを意味しており、「わかてだを見る集い」は、生まれ変わった太陽を祝い、健康と発展への祈りを捧げる儀式です。

 

昔から冬至は太陽が生まれ変わる日である、と認められているのですね。

 

この儀式では、「クエーナ」と呼ばれる沖縄の古謡を歌いますが、日の出を待つ間には地元エイサー団体の演舞をはじめとして、郷土芸能関係者・中城城跡のガイドによるステージが見どころです。

【まとめ】

12月の沖縄は、イベントであれ、季節を問わず楽しめるメジャーな観光地であれ、とても見学しやすいという特徴が挙げられます。

 

人気のある観光先なので、「いつも人ばかりでゆったり観光を楽しめない」と思う人も多いでしょう。

 

残念ながら海水浴はできませんが、12月の沖縄であれば、思う存分のんびりと観光できます。

 

今回ご紹介した通り、この時期ならではのイベントも各地域で開催されているので、ぜひ参加してみてくださいね。

 

その季節ならではの楽しみ方で素敵な女子旅にしてください。

 

最後に、今回の記事に関連して「12月はこのイベントがおすすめ」、「この季節ならこの観光スポットがおすすめ」などの口コミや体験談があれば、ぜひお気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントで、多くの方の旅行がより一層思い出深くなりますよ。

関連記事:12月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介! 

関連記事:1月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

関連記事:1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

恋愛にご利益がある!?沖縄のパワースポット5選!

許田の取水沖縄にはたくさんのパワースポットが存在しており、古来多くの人々の信仰の場となっている場所が

記事を読む

2月の沖縄旅行!おすすめの観光スポット6選!

2月の沖縄に行くなら、2月らしさを満喫できる旅にするのも一つの方法です。   夏は海水

記事を読む

沖縄青の洞窟でシュノーケルをするなら?おすすめショップ3選!

沖縄本島の恩納村には、宝石の如く美しい「青の洞窟」と呼ばれる名所があります。   一度

記事を読む

沖縄女子旅のお土産!家族や彼氏、職場用のおすすめまとめ!

日本全国の中でもひときわ個性の光る沖縄を旅するなら、お土産選びにはこだわりたいところです。 &nb

記事を読む

沖縄本島のおすすめ穴場ビーチランキング9選!

数ある沖縄本島のビーチには、様々なタイプがあります。   観光客に人気なビーチも華やか

記事を読む

女子一人旅で泊まりたい!沖縄のゲストハウス4選とは!?

女子一人旅の宿泊先でおすすめできるのが、ゲストハウス。   一人で宿泊することに多少の

記事を読む

宮古島のシュノーケルにおすすめのビーチはどこ?

宮古島の海で、シュノーケルは外せないアクティビティです。   美しい宮古島の海では、浅

記事を読む

沖縄本島の透明度の高いビーチは?おすすめランキング!

沖縄本島には透明度が高く、環境省から透明度最高値であるAAの認定を受けたビーチが幾つも存在しています

記事を読む

沖縄国際通りで民謡を楽しめるおすすめ居酒屋を紹介!

沖縄の明るいイメージの一つとして挙げられるのが、民謡(島唄)です。   沖縄を訪れたら

記事を読む

宮古島のおすすめ観光スポットランキング7選!海以外の魅力も!

沖縄の離島として最も有名な宮古島には、魅力の詰まった多くの観光地が点在しています。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

円山公園(京都)の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?実は特別!

京都を訪れるからには、桜の名所で夜桜観賞したいものです。  

高台寺の夜桜ライトアップの時間帯や見頃は?秀吉への愛のお寺!

「ふつうの夜桜観賞には飽きてしまった」   そう思ってい

清水寺の夜桜ライトアップの時間帯と見頃は?周辺のディナーも紹介!

「京都で夜桜を観賞するなら、一度でも清水寺に赴きたい。」  

京都の夜桜ライトアップの穴場は?隠れたおすすめ名所を紹介!

京都は町全体が桜の名所と言っても過言ではありません。  

2月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

2月の北海道は1年の中で最も寒さの厳しい季節。   この

→もっと見る

  • ライターのありさです。

     

    記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

    皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

    よろしくお願いします。

    プロフィール詳細

PAGE TOP ↑